古宇利島北西部にそびえ立つ黒いコンテナはカフェだった

古宇利島の黒いコンテナ
古宇利島の黒いコンテナ

古宇利大橋から左に廻りで丁度半周。
ハートロックビーチ手前に看板が出てます。

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2278-1
電話:0120-583-883
営業時間11:00-18:00
不定休





SUNDOWNERS STUDIO/サンダウナーズスタジオ

とても不思議でおしゃれな空間

外観は真っ黒で無機質なコンテナが積み重なった建物。
以前から気にはなっていましたが、まさか中にカフェがあるとは。
黒いコンテナ

異国感漂う入り口

建物内は1-3階は写真スタジオ、4階がカフェとなっていました。
大きく口を開けた1階入り口にはクラシックカーが飾られており、
ここは日本なの?といった雰囲気です。

沖縄コンテナカフェ
階段前で靴を脱ぎ、スリッパに履き替え上階へ進みます。

次のフロアはどんな風になっているのだろう?

ワクワクした気持ちで階段を昇っていきます。
解放された扉の向こうには大パノラマが広がっていました!
そしてこんなお洒落なバスタブやトイレもありました。
古宇利島カフェ
ベッドやソファー、テーブルなどどれもひとつひとつ個性があって絵になるものばかり。
古宇利島撮影スタジオ
海外雑誌の洗練された世界に迷い込んだそんな気分にさせてくれる空間です。

ゆっくりのんびり古宇利島でのカフェタイム

そして到達した4階のカフェメニュー。
古宇利島コンテナカフェメニュー
スムージーやコールドプレス、コーヒー、紅茶、ジュース、ミルク、ココアなどなど種類が豊富で迷ってしまいますね。
フードは今帰仁牛のステーキが食べれるようです。
アルコール類も充実してました。

私は「ミルク・ショコラショ(¥550)」を、夫は「カフェ・オレ(¥500)」をオーダー。
ホットショコラショ
あたたくて甘いのみものはホットしますね。

今日は天気が良かったので、真っ青な海と空、向こうには伊江島も見えました。
贅沢な時間、空間、景色、そして美味しいドリンクでとても幸せになれた1日でした。



この記事を書いた人

アティ
アティ
仙台生まれの団塊ジュニア。
子供がいてもモノはできるだけ増やしたくない、いつでも住んでみたい場所に引っ越せるよう身軽でいたい。
そんなテーマで日々のくらしを綴っています。

もうちょっとだけ詳しくはこちら
http://simplelife24.com/profile01/