丼からはみ出る炙り島豚肉。沖縄そばのニューウェイブ 「島豚家」

個人的に沖縄そば不動のNO.1は「島豚家」。

電話0980-43-6799
沖縄県国頭郡本部町豊原479
営業時間/11:00~15:30(売切れ次第終)
定休日/木曜日・日曜・祝日

移転された島豚家の店先では、こんな可愛いキジムナーちゃんとシーサーが出迎えてくれました。

注文は券売機で。

特製炙り島豚そば、特製炙り島豚つけ麺、炙り島豚そば、炙りあぐーソーキそば、炙りあぐーソーキつけ麺の5種類です。あとはセットのジューシーやもずく・ご飯などを、お好みで。

島豚家のそばは、スープの味、麺のコシ、そして何と言ってもお肉の美味しさが半端ない!

とにかく、どれをとっても最高の美味しさです。
旅行で来ていた時は、帰宅後も「あ〜!また島豚家のそば食べた〜い!」と思い出すほど。

これからはそんな思いすることなく、食べたいときにすぐ行けるなんて本当幸せすぎる!

いつも私が注文するのは「炙り島豚そば 860円」

控えめに見えますが、十分なボリューム。

夫が注文するのは、「特製炙り島豚そば 1,080円」

島豚の厚さは2㎝はあると思うんです。炭火で焼いていてほんのり香ばしく、そして味がしっかり染み込んでいて、口の中でとろけるほどの柔らかさ。

自家製麺もモッチモチで、歯ごたえ十分。

庶民の味方、沖縄そばですが1,080円でちょっとお高いかなとは思いますが、その価値は充分。
こんなに美味しい沖縄そば他にはない!

この日も、私たちがいる30分くらいの間に中国人観光客らしき方が3組くらい来店してました。
中国のガイドブックでも取り上げられているんですね。

次回はつけ麺にしてみようかな〜。

島豚家
http://shimabutaya.com

この記事を書いた人

アティ
アティ
仙台生まれの団塊ジュニア。
子供がいてもモノはできるだけ増やしたくない、いつでも住んでみたい場所に引っ越せるよう身軽でいたい。
そんなテーマで日々のくらしを綴っています。

もうちょっとだけ詳しくはこちら
http://simplelife24.com/profile01/
PAGE TOP